Milestone

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モードの発信地、ミラノへ

IMG_4908.jpg

やっと、最後の街ミラノへきたよ。。。

日記も山場。w 
写真のチェックが疲れてきたぁ。。

初日のミラノはあいにくの雨模様。
今回、初のちゃんとした雨だったなぁ。

いきなり謎の標識発見。。うける。。w

IMG_5004.jpg
IMG_4996.jpg
IMG_5027.jpgIMG_5031.jpgIMG_5054.jpgIMG_5061_20100702170905.jpg

IMG_5090.jpg
IMG_5082.jpg

ミラノを統治したヴィスコンティ家が建造した城塞で、
今は市立美術館になっているスフォルツェスコ城

雨が降ってたんだけど、何気にカッパ(おしゃれウィンドブレーカーだからね。w)
持っていくとかなり便利!!
傘持ちたくないもんねぇ。
ゼブラ柄かぶってるのが、あたしです。

ここのミケランジェロが死ぬ直前まで彫り続けていた
未完の大作『ロンダニーニのピエタ』は必見!!

写真OKなので、じっくり撮ってじっくり見れるよ。。
でも、ここだけ別スタッフが常にいるのだ。

抱きかかえる体とイエスの体が一体化してるのは、途中だからなのか、
わざとなのか。。
後ろは、まだ途中って感じがでてるかなぁ。
これ、最後は目が見えなくなっていて彫り続けてたすごい作品。
魂の入った作品です。

IMG_5164.jpg
IMG_5143.jpg
IMG_5132.jpgIMG_5137.jpg

オペラの殿堂スカラ座では、リハーサル中の一幕がみれたのはラッキー。
(舞台はさすがに写真NG)
たぶん、、表にあるポスターがロミオとジュリエッタだったからそれかなぁ。。

あ、イタリアでは、女性の名前の語尾はaなので、
実は、ジュリエットではなく、ジュリエッタなんだよん。

IMG_5752.jpg
IMG_5182.jpg


スカラ座の目の前には、レオナルド・ダ・ヴィンチィの像

たまたま、D&Gの20周年ってことで、ここでファッションショーを
やってたよ。
ミラノコレクション!!ね。

そのせいで、ミラノ中にD&Gの広告があったよ。
やたら下着姿ばっかだったけど。w

IMG_5265.jpg
IMG_5193.jpg
IMG_5756.jpg
IMG_5218.jpgIMG_5222_20100702181519.jpgIMG_5210_20100702181511.jpgIMG_5211.jpgIMG_5214.jpg

実は、そっくりなのがナポリにもあったガッレリア
ナポリが先らしい。
このミラノのヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアは、

ドゥオーモとスカラ座を結ぶ十字型のアーケードで、
天井のガラスから入る光や建物のデザインが、本当にすばらしいの!
4大陸を表したフレスコ画や、床のモザイク画も要チェックでっす。。

モザイク画の牛の乳を飲んでいる兄弟は、イタリアの伝説にちなんだ絵なんだよ。
牛に育てられた兄弟で賭けをして、勝ったほうが王様?になったんだったかなぁ。。w
(あやしげな記憶)

股間がえぐれちゃってる雄牛様は、ここをかかとで回ると願いがかなうっていうことで、
みんなが回るので、こんなに穴が・・・ww

もちろん、あたしも相方君もクルクル。
(本によって1回とか3回とか数が違うのよねぇ)

ちなみに、あたしの顔がどんどん丸くなってきてるのは気のせいではありません・・・涙


IMG_5228.jpgIMG_5319.jpg
IMG_5236.jpgIMG_5234.jpg
IMG_5347.jpg
IMG_5361.jpg
IMG_5357.jpg
IMG_5403.jpg
IMG_5425.jpg
IMG_5392.jpg

楽しみにしてたミラノのイタリア最大のゴシック教会のドゥオーモ
思った通り、素敵。
ゴシック様式は、背が高く装飾性も高いデザインが特徴。
古いけど、そう感じさせないデザインだね。。

一番上には、ミラノを守る黄金のマリア像が。

柱や壁やら、空を突き刺すような135本の尖梁のデザインや、
上に立っている聖人、いろんなところに施された彫刻やら、
荘厳で圧巻で、圧倒されちゃうけど、
でも、繊細なデザインに、見とれてしまうわぁ。。

前から見ても、斜めから見ても、横から見ても、素晴らしいっす。
このデザイン、好き~。。

階段でもエレベーターでも上に登れるけど、
ツアーですので、エレベーターでちゃちゃっとね。
屋上からは、ドゥオーモ広場や、ガッレリアなど、ミラノを見渡せるので、
ここは必見!

ちなみに隣りの高級デパートラ・リナシェンテの7階のテラスなら、
このドゥオーモを見ながら食べれるよ。

屋上では、ミサがあるのか、その準備中。。。
ここも夜はかなりきれいなんだろうなあ。

IMG_5275.jpgIMG_5279.jpg
IMG_5281.jpg

ドゥオーモの中は、ミサ中でした。。

一番奥の円蓋のとこには、聖母マリアや聖人たちの生涯が描かれた
ステンドグラスや、ティブリオと呼ばれる太い4本の柱、主催壇が。

壁には、いまだけなのかな?何枚もの絵がつるされてるよ。

正面からはいってすぐのところには柱が何本も立っていて、
それで屋根を支えて、高い天井つくりを可能にしたんだって。

こんだけすごい教会を見てしまうと、
そうそう、感動しなくなっちゃうなぁ。w

IMG_5470.jpg
IMG_5478.jpg
Deadch.jpg
marriage.jpg

悲しいかな、ぎりの申し込みのツアーだったからか最後の晩餐
予約は結局とれず、、かわりにブレア美術館の観光になりますた。

再びミラノに来なければいけない理由が見つかったね。w

ブレラ美術館は、全然混んでいないので、いつでも入れるよ。
今は、美術学校と併設されていて、将来の芸術家たちの
勉強の場になってるんだって。
いずれ、ここの作品の修復作業をしてもらわないといけないから、、
ってことらしいけどね。w

ここは、たくさんの作品が置いてあって、個人的にはすごく
面白かったー。。
ベッリーニの『ピエタ』、マンテーニャの『死せるキリスト』、
ラファエロの『マリアの結婚』
は要チェックね!!
やはり中は写真NGなので、また拾ってきた絵ですが参考にどうぞ。。
死せるキリストの正面からの遠近法とかすごいよねぇ。

IMG_5544.jpg

ふう。一気にミラノの観光を書いちゃったわ。

ミラノはまるまる2日間あったから、がっつり歩き回ったよ~。
写真のように電車はあったけど、ミラノの街を探索したくて乗らなかったの。
道も覚えちゃったくらい歩いたよ。


さて、初日の観光が終わったら、2日は完全フリーの
ミラノお買いものDAY!

忘れないようにがんがん書いてきたけど、
そろそろイタリア旅行も終わりです。。

ああ、さみしいね。





スポンサーサイト

| honeymoon (Italia) | 16:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://noriko1224.blog78.fc2.com/tb.php/458-b7c440b9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。