Milestone

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

めざせ、ミラネーゼ

IMG_5719.jpg
IMG_5509.jpg
IMG_5718.jpg
IMG_5820.jpg


ドゥオーモ周辺のすぐ近くにブランド街のモンテナポレオーネ通りが。
高級ブランド店が連なってるよ。

わーい!てテンションになっちゃうよー。

あたしは、大好きなPRADAとmiumiuをチェック。
結局PRADAをいくつかGET。
さらに、デザイン性の強めのサンダルをMARNIでGET。

さっそく、パンプスからサンダルに履き替えて、
テンションあげあげでミラネーゼ気分でっす。

うふ

IMG_5617.jpg
IMG_5619.jpg
IMG_5655.jpg
IMG_5652.jpg
IMG_5701_20100703013223.jpg

IMG_5790.jpg

歩いていると、こんな門や教会に遭遇。。
ミサをやってたり、、

建物の奥は、だいたいこんな中庭に。
こういう家がいっぱいあって、本当に素敵

こちらの建物からは、お巡りさんが。。
どうやら、警察署みたい。 
へー。。

IMG_5821.jpg
IMG_5499.jpg
IMG_5492.jpg
IMG_5537.jpg
IMG_5663.jpg
IMG_5665.jpg
IMG_5785.jpg
IMG_5746.jpg
IMG_5815.jpg
IMG_5818.jpg

ちなみに、ホテルはガリバルディ地区
ドゥオーモまでは、歩いて40分くらいだけど、
この地区は、どっちかというとセレクトショップ的なお店が多め。

ヴィンテージものなど、センスのある1点ものなアイテムが!
ウィンドウショッピングしながらだと、歩いてるとあっという間だよ。

このスイム帽子めっちゃかわいくない??
買おうかちょー悩んだけどねぇ。。w
かぶるときないから、やめときましたが。。

イタリアでは、キティちゃんいろんなとこで見たよー。
さすが!もう世界のキティちゃんだね。
でも色、変じゃね?w

八百屋が、やたら可愛かったり、
自転車にちょっとした飾りがしてあったり、
なにかとセンスいいよねーーな、ミラノの人たち
真似したいセンスがいっぱい。

そして疲れたら、アイスタイム。。
イタリアはそこらじゅうに、ジェラード屋さんがあるからね。

っと、アイス食べてたら、目の前でチャリに乗ったイケメンが、
なんかの撮影中。。

うーん。なんでもかんでも、かっちょいい。。。w

IMG_5638.jpg
IMG_5641.jpg
IMG_5653.jpg
IMG_5686.jpg
IMG_5720.jpg
IMG_5721.jpg
IMG_5823.jpg
IMG_5807.jpg

ワンコ大好きなイタリア人。
お散歩してる人も、いっぱい。
お店も、どこでも入れるからいいよねぇ。

お土産いっぱい買って、ホテルの戻る途中に、
かわいいワンコを2匹つれたおじいさんに遭遇!

でも次に会った時には1匹になってた・・・w
たぶん犬の散歩のバイトかなぁ。

IMG_5678_20100704021946.jpg
IMG_5691.jpg
IMG_5709.jpg

車用、電車用、人用、、
信号ばっかの交差点がいくつかあって、笑える。w

レンタサイクルは、結構いろんなとこにあって便利!
意外とイタリアって、こういいうの取り入れるの早いのね。
高速道路も、ETCみたいなやつだったよ。

IMG_5731.jpg
IMG_5688.jpg
IMG_5781.jpgIMG_5729.jpg
IMG_5743.jpg
IMG_5733.jpg
IMG_5734.jpg
IMG_5549.jpg
IMG_5556.jpg

面白いショーウィンドウをパチリしながらミラネーゼ気分でお散歩。

奇抜なイスは、カプリ島のホテルにあったイスと似てる。。
きっとここのお店かもだね。

ワールドカップのケーキが!!
かわいいーー。

パンダだらけのショーウィンドウ。
実は、アクセサリーショップ。
なぜパンダなの??w

そして、やっぱり、休憩はジェラードね!
イタリアは、どのお店もなぜか2種類から。
2ユーロくらいで食べれるよ。

IMG_5732.jpg

おしゃれなカフェがいっぱいあって、
さらに夜のバーでは、ミラノ発祥のアペリティーヴォが。

ハッピーアワーっていうドリンク1杯で軽食が食べ放題って
いうすばらしいシステムのこと。

大体18-21時で、かなり早い時間からイタリア人がいっぱいいるので、
入るのにめっちゃ勇気いるよ。ww

今回あたしたちが入れたかは、、ないちょ。


IMG_5770.jpg
IMG_5769.jpg

ドゥオーモの隣にある高級デパート、ラ・リナシェンテには
ブランドショップもあるし、デザイナーズな雑貨がいっぱいあったり、
RIMOWAのトランクもいっぱい。。
さらに、最上階には、センスのいいお土産や、さらに回転寿司が!!
食べなかったけど、人が結構いておいしいのかなぁ・・・。

みんなへのお土産は結構ここで揃えちゃった。
だいたい配り終えたけど、まだ渡してない人、近々会おうね!!w

それにしても、ミラノは本当におしゃれな街。
歩いてる人も男は、ジローラモみたいなのばっか。
女の子には、やたら笑顔。w

ミラノは、一番住みやすいかもねぇ。
とにかくおしゃれでした。


さーーて、楽しいミラノもそろそろおしまい。

長々と読んでくれた皆様、本当にありがとうねぇ。。

当分は、日本でだらだらしてるけど、、

いろんな感動が体験できるイタリア。
またいつかいけますように。。。

うふ





スポンサーサイト

| honeymoon (Italia) | 00:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モードの発信地、ミラノへ

IMG_4908.jpg

やっと、最後の街ミラノへきたよ。。。

日記も山場。w 
写真のチェックが疲れてきたぁ。。

初日のミラノはあいにくの雨模様。
今回、初のちゃんとした雨だったなぁ。

いきなり謎の標識発見。。うける。。w

IMG_5004.jpg
IMG_4996.jpg
IMG_5027.jpgIMG_5031.jpgIMG_5054.jpgIMG_5061_20100702170905.jpg

IMG_5090.jpg
IMG_5082.jpg

ミラノを統治したヴィスコンティ家が建造した城塞で、
今は市立美術館になっているスフォルツェスコ城

雨が降ってたんだけど、何気にカッパ(おしゃれウィンドブレーカーだからね。w)
持っていくとかなり便利!!
傘持ちたくないもんねぇ。
ゼブラ柄かぶってるのが、あたしです。

ここのミケランジェロが死ぬ直前まで彫り続けていた
未完の大作『ロンダニーニのピエタ』は必見!!

写真OKなので、じっくり撮ってじっくり見れるよ。。
でも、ここだけ別スタッフが常にいるのだ。

抱きかかえる体とイエスの体が一体化してるのは、途中だからなのか、
わざとなのか。。
後ろは、まだ途中って感じがでてるかなぁ。
これ、最後は目が見えなくなっていて彫り続けてたすごい作品。
魂の入った作品です。

IMG_5164.jpg
IMG_5143.jpg
IMG_5132.jpgIMG_5137.jpg

オペラの殿堂スカラ座では、リハーサル中の一幕がみれたのはラッキー。
(舞台はさすがに写真NG)
たぶん、、表にあるポスターがロミオとジュリエッタだったからそれかなぁ。。

あ、イタリアでは、女性の名前の語尾はaなので、
実は、ジュリエットではなく、ジュリエッタなんだよん。

IMG_5752.jpg
IMG_5182.jpg


スカラ座の目の前には、レオナルド・ダ・ヴィンチィの像

たまたま、D&Gの20周年ってことで、ここでファッションショーを
やってたよ。
ミラノコレクション!!ね。

そのせいで、ミラノ中にD&Gの広告があったよ。
やたら下着姿ばっかだったけど。w

IMG_5265.jpg
IMG_5193.jpg
IMG_5756.jpg
IMG_5218.jpgIMG_5222_20100702181519.jpgIMG_5210_20100702181511.jpgIMG_5211.jpgIMG_5214.jpg

実は、そっくりなのがナポリにもあったガッレリア
ナポリが先らしい。
このミラノのヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアは、

ドゥオーモとスカラ座を結ぶ十字型のアーケードで、
天井のガラスから入る光や建物のデザインが、本当にすばらしいの!
4大陸を表したフレスコ画や、床のモザイク画も要チェックでっす。。

モザイク画の牛の乳を飲んでいる兄弟は、イタリアの伝説にちなんだ絵なんだよ。
牛に育てられた兄弟で賭けをして、勝ったほうが王様?になったんだったかなぁ。。w
(あやしげな記憶)

股間がえぐれちゃってる雄牛様は、ここをかかとで回ると願いがかなうっていうことで、
みんなが回るので、こんなに穴が・・・ww

もちろん、あたしも相方君もクルクル。
(本によって1回とか3回とか数が違うのよねぇ)

ちなみに、あたしの顔がどんどん丸くなってきてるのは気のせいではありません・・・涙


IMG_5228.jpgIMG_5319.jpg
IMG_5236.jpgIMG_5234.jpg
IMG_5347.jpg
IMG_5361.jpg
IMG_5357.jpg
IMG_5403.jpg
IMG_5425.jpg
IMG_5392.jpg

楽しみにしてたミラノのイタリア最大のゴシック教会のドゥオーモ
思った通り、素敵。
ゴシック様式は、背が高く装飾性も高いデザインが特徴。
古いけど、そう感じさせないデザインだね。。

一番上には、ミラノを守る黄金のマリア像が。

柱や壁やら、空を突き刺すような135本の尖梁のデザインや、
上に立っている聖人、いろんなところに施された彫刻やら、
荘厳で圧巻で、圧倒されちゃうけど、
でも、繊細なデザインに、見とれてしまうわぁ。。

前から見ても、斜めから見ても、横から見ても、素晴らしいっす。
このデザイン、好き~。。

階段でもエレベーターでも上に登れるけど、
ツアーですので、エレベーターでちゃちゃっとね。
屋上からは、ドゥオーモ広場や、ガッレリアなど、ミラノを見渡せるので、
ここは必見!

ちなみに隣りの高級デパートラ・リナシェンテの7階のテラスなら、
このドゥオーモを見ながら食べれるよ。

屋上では、ミサがあるのか、その準備中。。。
ここも夜はかなりきれいなんだろうなあ。

IMG_5275.jpgIMG_5279.jpg
IMG_5281.jpg

ドゥオーモの中は、ミサ中でした。。

一番奥の円蓋のとこには、聖母マリアや聖人たちの生涯が描かれた
ステンドグラスや、ティブリオと呼ばれる太い4本の柱、主催壇が。

壁には、いまだけなのかな?何枚もの絵がつるされてるよ。

正面からはいってすぐのところには柱が何本も立っていて、
それで屋根を支えて、高い天井つくりを可能にしたんだって。

こんだけすごい教会を見てしまうと、
そうそう、感動しなくなっちゃうなぁ。w

IMG_5470.jpg
IMG_5478.jpg
Deadch.jpg
marriage.jpg

悲しいかな、ぎりの申し込みのツアーだったからか最後の晩餐
予約は結局とれず、、かわりにブレア美術館の観光になりますた。

再びミラノに来なければいけない理由が見つかったね。w

ブレラ美術館は、全然混んでいないので、いつでも入れるよ。
今は、美術学校と併設されていて、将来の芸術家たちの
勉強の場になってるんだって。
いずれ、ここの作品の修復作業をしてもらわないといけないから、、
ってことらしいけどね。w

ここは、たくさんの作品が置いてあって、個人的にはすごく
面白かったー。。
ベッリーニの『ピエタ』、マンテーニャの『死せるキリスト』、
ラファエロの『マリアの結婚』
は要チェックね!!
やはり中は写真NGなので、また拾ってきた絵ですが参考にどうぞ。。
死せるキリストの正面からの遠近法とかすごいよねぇ。

IMG_5544.jpg

ふう。一気にミラノの観光を書いちゃったわ。

ミラノはまるまる2日間あったから、がっつり歩き回ったよ~。
写真のように電車はあったけど、ミラノの街を探索したくて乗らなかったの。
道も覚えちゃったくらい歩いたよ。


さて、初日の観光が終わったら、2日は完全フリーの
ミラノお買いものDAY!

忘れないようにがんがん書いてきたけど、
そろそろイタリア旅行も終わりです。。

ああ、さみしいね。





| honeymoon (Italia) | 16:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海に浮かぶ街、ヴェネツィア

IMG_4660.jpg
IMG_4668.jpg

ヴェネツィアは、車が走らない街なので、移動はすべて船。
車がないなんて、考えられないよねぇ。
すごいわぁ。。

写真は、ヴェネツィアのシンボルリアルト橋
この周りは、昔から商業の中心だったらしく、
今も活気にあふれてたよ。

IMG_4567.jpg
IMG_4619.jpg
IMG_4560.jpg

街を歩いていると、川や小さいな橋が出てくる。。
その下を、船のタクシーや、観光客を乗せたゴンドラが通る通る。

ゴンドラは、外装は黒で統一されててシンプルだけど、
赤や青の豪華な内装になってるのー。

もちろんゴンドラクルーズは、ツアーに入ってるので、
うちらも乗りましたとも!!

IMG_4682.jpg
IMG_4701.jpg
IMG_4769.jpg
IMG_4770.jpg
IMG_4731.jpg
IMG_4734.jpgIMG_4733_20100702063651.jpg

IMG_4742.jpg

ゴンドラ乗り場は、いろんなところにあるよ。
値段もいろいろあるみたい。

ちなみに、うちのツアーは、カンツォーネを聞きながらっていう
豪華なゴンドラクルーズで、
歌う人とアコーディオン弾く人が一緒に乗って歌ってます。w

細い街の間をのんびり走るゴンドラ。
ゴンドラから見る街並みはさらに素敵だったよー。。

IMG_4755.jpgIMG_4699.jpgIMG_4746.jpg
IMG_4707.jpg

ゴンドラ同士や船とのすれ違いはしょっちゅうで、
ぶつからないテクニックはさすが!!

船には、ゴンドラエーレ(漕ぐ人のこと)の好みで、
いろんな飾りがついてるのも面白い。
うちのゴンドラには、サイドに馬の飾り、前にはお花が乗っかってたよ。

乗り心地も予想以上にいいので、ヴェネツィアへ行ったら
乗ってみてね。必須でっす!

IMG_4622.jpg
IMG_4836.jpg
IMG_4644.jpg

ゴンドラからの景色もいいけど、歩いての景色も面白い。
街の中は、店との間がかなり狭くて、道が細いの。
迷路のようで、方向感覚がなくなる・・・。

でも、いちおう上の道しるべをみていくと迷わないようになってるよ。
それに気づかずに、うちらは迷子になったけどね。w

IMG_4648.jpg
IMG_4788_20100702070211.jpg
IMG_4656.jpg
IMG_4837.jpg

フリーの時間がなくて、街自体はあまり歩けなかったんだけど、
サンマルコ区近辺の街を歩くと、ブランドショップ、ヴェネツィアンガラス、
レース、そしてやたらカーニバルのお面が売ってる・・・

もし、お土産にあれもらったらどうする?w

とりあえず、お面ではなく、
グラスやネックレスを両親へ、
自分用に一輪挿しをGETしときました。

IMG_4808.jpgIMG_4811_20100702072144.jpgIMG_4813_20100702072151.jpg

さて、おいしい魚料理を食べ、またまたジェラードを食べて、、
夜になる前にヴェネツィアを離れて、ミラノへ移動。。

ああ、さみしい。

夜のヴェネツィアを歩きたかった・・・。
ヴェネツィアへいつかまた来れますように。

それまでに、海に沈まないでね。。。




| honeymoon (Italia) | 07:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水の都、ヴェネツィアへ

IMG_4321.jpg
IMG_4329.jpg

旅行後半は、雲が多めの日が多くなってて、
写真が難しいなぁ。。。。

気づくとちょっとパラついてたり。
まあでも、観光には影響なし!

ってことで、ホテルのあるメストレから、
ボートで水の都ヴェネチアへ!
船から見える建物も素敵!

ヴェネチアの地図を見ると、魚の形に見えるんだよ。
水の都にぴったりだね。

IMG_4362_20100702010304.jpg
IMG_4336.jpg
IMG_4360_20100702010257.jpg

結構すぐ到着!
どんより。。だけど、海沿いの景色にテンションがあがる!!

工事中なので、周りがこんな空の壁になっちゃってる
『溜め息の橋』

尋問部屋に移動するとき囚人がこの橋をわたって、
最後の空を見ながら溜息をついて渡ったところからなずけられたんだって。

てっきり、溜息をつく美しさって意味だと思ってたよ。ww

IMG_4451.jpg
IMG_4792.jpg
IMG_4504.jpg
IMG_4479.jpg

ナポレオンが絶賛したというヴェネツィアの表玄関
サン・マルコ広場

あたしもいろんな角度から写真とりまくっちゃった。
曇りめなのが残念・・・

IMG_4675_20100702040548.jpg
IMG_4795.jpg
IMG_4540_20100702034351.jpg
IMG_4542.jpg
IMG_4530.jpg
IMG_4537.jpg
IMG_4536.jpg

さらに、サン・マルコ寺院の中へ。。

大聖堂の中は、黄金で圧巻!
こんなすごい寺院ばかり見て、目が肥えるわぁ。。

写真はNGだったの。。。
見せられなくて残念。
中には、十字軍の戦利品の青銅製の馬が4頭いたよん。
なので、建物の外に飾ってある馬は複製だって。

テラスからの写真はOKなので、上から広場をパチリ。

IMG_4465.jpg
IMG_4497.jpg
IMG_4490.jpgIMG_4513.jpgIMG_4460_20100702040224.jpg

この時計塔をくぐると、ヴェネツィアの迷路のような街の中へ迷い込むの。。
12宮が描かれた天文時計めちゃかわいくない?

そして、この有翼の獅子
ヴェネツィアの紋章として使われてたから、
ものすごいどこにでもいるのー!

広場への入口のポールの上、広場の中のポールの上、
時計塔の上、寺院の上、赤い大鐘楼の上、など、、
多すぎてきりがない。w

何匹いるか数えてみよう!

IMG_4458.jpg
IMG_4426.jpg
IMG_4405.jpg
IMG_4417.jpg
IMG_4410_20100702043046.jpgIMG_4440_1.jpg

拷問部屋がある、寺院の裏にあるヴェネツィアの歴代の総督の邸宅だった
ドゥカーレ宮殿の中にも入ったんだっけど、写真NGでこれまた残念。。

内装がすっごく豪華で、天井や壁にあらゆる絵画が描かれて、
大評議会の間にある世界最大の油絵の『天国』は、見もの。。
中はとにかく豪華だけど、でも、なぜか外観はシンプルめな建物。

中庭の写真をみると、建物がコの字型になってるの。
うしろには、サン・マルコ寺院が。。

写真のOKだったアーチ型の天井に黄金の漆喰とフレスコ画で
飾られてる階段は、すごい豪華!
でもだまし絵になってる床はなんかミスマッチじゃない?w

白い階段は、『巨人の階段』っていうらしい。
けど、なぜに巨人??
両サイドに2人いるでっかい人のことかしらねぇ。。w


IMG_4549.jpg


だいぶ豪華なイメージのヴェネツィア。
お食事やお酒もいままでと違って、お高めなんだもん。
運賃がかかってるから、物価が高いみたい。

どんより天気も似合っちゃう街で、
街の中に川があるのは素敵だけど、
水がきれいじゃないのが残念。

でも、この街好きだなぁ。。

ただ、絶対、ここは夜の方がきれいだと思う!!
いつかこの街に泊まって、夜歩いてみたいなぁ。。

さて、次は、ゴンドラクルーズ日記だよ。

うふ。


ちなみに、写真は寺院の隣の広場にいた面白い顔の獅子?
なんか、癒されるわ。。

ぷぷ


| honeymoon (Italia) | 19:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界遺産 ピサの斜塔

6日目は、ツアーにはなかったピサの斜塔
見に、フィレンツェを離れバスで移動。

IMG_3924.jpg
IMG_3936.jpg
IMG_3930.jpg
IMG_3941.jpg

前の日の不安定な天気とはかわって、
晴れて気持ちのいい日に。。。

ピサの看板とか、通学路の看板とか、かわいい。w

IMG_3950_20100630051910.jpg
IMG_3952.jpg

IMG_3970.jpgIMG_3971.jpgIMG_4184.jpg

斜塔へ向かう道の名前が、なぜかレオナルドダヴィンチの道だって。
不思議。w

そして、さらに近づくと、ピサの斜塔グッズを売る
三角錐の、おりたためるお店が並ぶ。。
いいアイデアだね!

IMG_3978.jpg
IMG_4069.jpg

あ、確かに傾いてる!
意外とちっさいピサの斜塔発見!
傾いてて面白いけど、、
世界遺産だーー!っていう感動はちっさめ。w

地盤が軟弱だったため傾きはじめちゃったんだって。
観光客は今は入れるので、まだまだ傾きも止まらないね。
どうするんだろ。
今後気になるわ。。

とりあえず、遠近法を使って傾きを支えたりと、
面白い写真をいっぱい撮ってみたので、、
2011年の年賀状は決まりかな。w

ピサの斜塔の前には、
でっかい丸い天井の洗礼堂と十字架の形をしてる大聖堂が。
ここは、奇跡の広場って呼ばれてるんだって。。


IMG_4006.jpgIMG_4090.jpg
IMG_4102.jpg

洗礼堂は、音響効果がすごくて、
時間ごとにスタッフが声を上げて聞かせてくれるの。
確かに響き方がすばらしかった!!
天井に突き抜けていく感じ。。。

IMG_4061.jpgIMG_4121_20100630055526.jpgIMG_4134.jpgIMG_4152_20100630055226.jpgIMG_4169_20100630055217.jpgIMG_4164.jpg
IMG_4161.jpg

大聖堂の天井は、金色の凹凸のあるパネルが並んでて、
天井の主張がだいぶ強い。。。

奥の主祭壇の正面に、玉座のキリストのモザイク画が。
また、説教壇の上のほうに、キリストの生涯を表す浮彫が
施されてる。

内部の円柱は、パレルモ沖海戦でイスラム教徒から
奪ったものを使ってるらしい。。
海運都市ピサの強さがアピールされている
代表建築なんだって。。

天井からぶら下がってるガリレオのランプも要チェックだよ。

IMG_4060_20100630061442.jpg

さて、ツアーにはなかったピサまで行っちゃって
だいぶ盛りだくさんになっちゃったけど、、

ピサの紋章を掲げてるかわいいお子様の像にさよならをして、、

次はヴェネチィアへ移動でっす。

フィレンツェ、本当に素敵な街だったなぁ。。
次回は、もっとゆっくり見たいわぁ。



| honeymoon (Italia) | 07:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。